ブライダル指輪の必要性|振袖をレンタルして結婚式に挑もう|主役になれる日

振袖をレンタルして結婚式に挑もう|主役になれる日

カップル

ブライダル指輪の必要性

ハート

身に付け方なども重要

ブライダルジュエリーは専門店で選ぶことがアフターサービスも付帯されているため、重視したい点です。従来、婚約指輪は男性側が既製品から選ぶものでしたが、近年、デザインからダイヤモンドの質などもオーダーメイドで仕上げることができるため、ある程度の知識は男性にも必要と言えます。例えば、宝石の価値を決める4Cだけではなく、指輪の形についてもリサーチしておくことは下見や選ぶ時にスムーズです。婚約指輪で身に着ける女性側の定番となるデザインは、ソリティアと呼ばれる一粒石の指輪です。立て爪で留めたタイプが人気を集めていますが、爪の数でも指にはめた際の印象は様変わりします。指を華奢に見せたり、宝石を際立たせたりする一方で、輝きなど、逆に低評価が付くケースもフルオーダーでは考えられる内容です。身に着けることで完成形とするのか、保管を目的として形づくるのか、女性側の意見も尊重しながら進めることが大切です。

年代での価値観の違い

婚約指輪と一口に言っても、メインの宝石のサイドに小粒の宝石をあしらうメレや、アーム全体に宝石をあしらうエタニティなどが展開されています。永遠の絆の意味を持つ宝石を埋め込むのが婚約指輪では主流で、婚約期間中に身に着けるのが特徴です。しかしながら近年、若年層では重ね付けできるデザインが求められています。ファッションの一部と捉えるケースが多く、高価ゆえに保管したまま、日の目を見ないケースは少ないのも若年層の身に付け方です。逆に熟年のカップルの場合、年齢も絡み、挙式や新婚旅行などに費用をかけないケースが多いのも特徴です。その分、婚約・結婚の証として高額となるカラットの大きさで選んでいる事例もあります。長く愛用できるデザインを求める世代と、年月にさらされても良い品質で選ぶなど、年代によって選ばれる婚約指輪は異なる特徴が挙げられています。