恋人から夫婦になる瞬間|振袖をレンタルして結婚式に挑もう|主役になれる日

振袖をレンタルして結婚式に挑もう|主役になれる日

カップル

恋人から夫婦になる瞬間

リング

結婚指輪を選ぶときに最も重要なことは素材選びです。素材によって結婚指輪が変色もしくは変質しやすくなったりします。金属アレルギーを持っている人は特に慎重に選ぶ必要があります。一般的にはプラチナと金が定番の素材になっています。それは金とプラチナは変質と変色しにくい性質を持っているからです。しかも、加工しやすい特徴がありますので、デザインにこだわりたい人には打ってつけだからです。さらに、金に関しては、色が様々なものがあります。金は純金ではなく他の金属も配合されていて、その割合によって色が変化するのです。たとえば、ピンクゴールドやイエローゴールドやホワイトゴールドなどがあります。こうしたことが人気の高い理由です。

結婚指輪も婚約指輪もその素材は金とプラチナが選ばれやすいですが、そもそも両者は異なるものなので、デザインには違いをつけましょう。婚約指輪は日常生活で着けるものではないので、派手なデザインにする傾向があります。パーティなどの特別な行事に出るときにふさわしい指輪のデザインが良いでしょう。ダイヤモンドの宝石で目立たせるデザインが人気が高いです。一方、結婚指輪は日常的に身につけるものなので、シンプルなデザインが好まれます。最近では結婚指輪と婚約指輪を同じ指にはめる重ね着けが流行しています。そのため、こうしたことも配慮して相性の良さそうなデザインを選ぶこともおすすめです。ちなみに、相場価格は婚約指輪は30万円前後なのに対して、結婚指輪は15万円前後になります。